日本山人参

 

 

 大和光輪石の産地でもある高千穂地方にしか自生しない日本山人参
 江戸時代から「神の草」と呼ばれ、秘薬とされていました。

 

 大分県南部・宮崎県北部の山間部の限られた地域だけに
 自生する日本山人参は、希少性が高く、野生のヒュウガトウキは
 絶滅危惧種に指定されています。
 2002年厚生労働省「医薬発第1115003号」医薬品の範囲に関する基準の
 一部改正の中で、日本山人参(根)が「専ら医薬品として使用される成分本質
 (原材料)」リストに追加される。
 これにより、日本山人参の根は健康食品として使用できなくなりました。

 

 
 

主な効能

 

【糖尿病症状】     インシュリンの対抗ホルモンであるカテコールアミンの作用を抑え、インシュリンの働きを助長します。

 

【高血圧症】      高血圧症の一因である活性化されたアンジオテンシンは血管平滑筋収縮とアルデステロンを分泌させるが
            これらの変換酵素の活性化を阻害します。また、血液の末梢循環を改善し、血管の弾力性を改善する成分を含んでいます。

 

【アレルギー】     気管支喘息、アレルギー皮膚炎、慢性関節リュウマチ等の炎症。性ホルモンの分泌を促進することにより、
            性機能と細胞の新陳代謝を改善し、若返りを図ることができます。

 
 

日本山人参(日向当帰)を粉末にしました。

1日1g〜3g程度を目安に お召し上がりください。

日向当帰茶には独特の苦味があります。

苦味が苦手な方は、オブラートなどで

お召し上がりください

 

50g \3,080

 

 
 

 

日本山人参(日向当帰)を

飲みやすい錠剤にいたしました。

一日に、9粒を

目安にお飲みください。

 

 

300粒 45g ¥ 4,950

 

 
トップへ戻る